シロバナハンショウヅル

                                                                  '06.4.23撮影



                                                                    ’01.4.14撮影



                                       ’01.5.5撮影


真っ白ではありませし、半鐘とも思えませんが、シロバナハンショウヅルです。
タカネハンショウヅルとはイメージが違います。

<参考>
タカネハンショウヅル ・ ハンショウヅル ・ ミヤマハンショウヅル ・ シコクハンショウヅル

平尾台(福岡県)
シロバナハンショウヅル(白花半鐘蔓) /キンポウゲ科 センニンソウ属 つる性半低木/ 4〜6月 / 関東以西〜九州
  林縁。つる性で低木などに巻き付く。葉は1回3出複葉、小葉は卵形で3中裂し、長さ3〜8cm。裂片の先は鋭頭、縁には鋸歯
  がある。花は、前年の葉の付根から花柄を出して下向きに咲き、花弁はなく花弁状の萼片は4個、淡黄白色で広楕円形〜卵形、
  長さ1.5〜2cm。質は薄く、外面には白くて柔らかい長毛がある。雄しべは無毛。果実(痩果)は卵形、長さ4〜5mm。
花調べHome