オオミヤマウズラ 1

2008年の日本植物分類学会第7回大会で芹沢俊介氏により「オオミヤマウズラ」と発表されましたが、
新種として正式の発表はまだのようでしたが、2019年、YListにミヤマウズラとシュスランの交雑種として掲載された。



                       ’15.9.13撮影 福岡県




                                                          ’15.9.13撮影 福岡県

少し早めに出かけたので、大半が蕾でしたが、開花した株もありました。
花茎が長く、側萼片の開きが少ないので、よりスリムに見えます。




                    ’15.9.13撮影




                                ’14.9.21撮影 福岡県




                                ’14.9.21撮影 福岡県




                                ’14.9.21撮影 福岡県




                                ’14.9.21撮影 福岡県




                                                           ’14.9.21撮影 福岡県




                                   ’12.9.26撮影 福岡県


花期が少し遅く、全体に大型で、葉は斑が目立たず、長卵形で先端が尖り、花は平開しない。
観察した特徴では
ミヤマウズラは普通、側花弁の斑点が黄褐色〜赤褐色ですが、オオミヤマウズラと思われる個体は斑点が緑色、
花はやや上向きに咲いています。
しかし、この班の色だけで見分けるのは、問題がありそうです。
(オオミヤマウズラと思われる個体も、花が老いてくると斑点が褐色になります。)
オオミヤマウズラGalleryへ

オオミヤマウズラ(大深山鶉) 別名:ガクナン / ラン科 シュスラン属 多年草 / 9月 / 本州〜九州(関東〜屋久島)
  茎は横にはい、先端は直立し、高さ25〜40cm。葉は硬質で、数枚互生し、0.5〜1.2cmの柄があり、葉身は長卵形〜楕円形、
  先端は尖る、大きいもので長さ4〜6.5cm、表面は全体に緑色のことが多いが白斑が入ることもある。葉柄の基部は葉鞘となって
  茎をつつむ。花は白色で平開せず、長さ10〜13mmで8〜14個つく。苞は披針形で6〜17mm。  
 
蘭Indexへ    Homeへ