センブリ

                                                                   ’07.10.23撮影



                                                                    ’07.10.23撮影



                                         ’07.10.23撮影


ムラサキセンブリの丘にはセンブリも遠慮気味に咲いています。
アリノトウグサが真っ赤に紅葉し、
センブリたちのまわりを飾ってくれました。


センブリ ’05.10.15撮影 北九州市
                               ’05.10.15撮影


さっきまでニコニコ顔だったセンブリたちですが、夕方になり閉じ始めました。
群生しているところはまだたくさんありますが、数年前より少なくなりました。


センブリ ’04.10.23撮影 平尾台
                                        ’04.10.23撮影

センブリさんの多い草地は、踏みつけないように歩くのがたいへん。
あっちも、こっちもニコニコ顔。


平尾台(福岡県)
センブリGalleryへ
センブリ(千振)/ リンドウ科 センブリ属  2年草 / 9〜11月 / 北海道(西南部)〜九州 
   古くから胃腸薬としてよく知られる。全草を煎じて千回振り出してもまだ苦みがあることからついた名。
   日当たりのいい草地。花冠の長さ1.5cmほど、5深裂する。白色で紫脈がある。日が当たらないと開かない。

 <よく似たもの>
  イヌセンブリ : 湿地に生え、葉の幅が広く花冠の内側の毛が長い。苦みはない。
  ムラサキセンブリ : 花は淡紫色。西日本に多い。

Homeへ