アカバナ

                                                                        ’04.8.14撮影



                                                                       ’04.8.14撮影


和名は葉が紅葉することからつけられたそうですが、
紅紫色の花を見ると、花が赤いからだと思ってしまいます。
アカバナは柱頭がご覧のとおりこん棒です。
万歳している細長い棒はさく果です。


平尾台(福岡県)
アカバナGalleryへ
アカバナ(赤花) / アカバナ科 アカバナ属 多年草 / 7〜9月 / 北、本、四、九 山野の湿地
  高さ30〜70cm。茎に細かい毛がある。葉は対生し、卵形〜卵状楕円形で、基部はしばしば茎を抱く。茎や葉は
  赤みを帯びる。葉腋に直径約1cmの紅紫色の花をつける。花弁は4個、浅く2裂する。柱頭は太いこん棒状。
  和名のアカバナというのは葉が紅葉して赤紫色になることから。
花調べHome