ミチノクフクジュソウ aso-1

フクジュソウ ’06.4.9撮影 阿蘇外輪
                                                             ’06.4.9撮影

真っ黒な野焼の草原に雨が降り、燻った臭いが薄らいだら
キスミレとフクジュソウが同時に咲き始めました。



フクジュソウ ’04.4.11撮影 阿蘇外輪
                                                                  ’04.4.11撮影



フクジュソウ ’06.4.9撮影 阿蘇外輪
                                                                         ’06.4.9撮影



フクジュソウ ’04.4.11撮影 阿蘇外輪
                                                                    ’04.4.11撮影
キスミレとツーショット



                                 ’04.4.11撮影

萼片は花弁の長さの1/2くらい。



                                                           ’07.4.14撮影



集合果                                                    ’07.4.14撮影


阿蘇外輪(熊本県)
フクジュソウ属Galleryへ

ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草) / キンポウゲ科 フクジョソウ属 多年草 / 2〜4月 /北海道〜九州 
  山地の明るい林内。花は直径3〜4cm。花弁は10〜20個。 萼片は菱形で花弁の長さの1/2か2/3。茎の断面は中空。集合果は小さく、
  球形で黄緑色、そう果の毛は短い。現在、日本のフクジュソウは4種類あることが明らかにされている。
  キタミフクジュソウ : 北海道  萼片は赤紫色を帯び花弁と同長かやや短い。 茎は中実。葉裏に毛が密生。集合果は大きく、毛が長い。
  フクジュソウ : 北海道〜九州  萼片は赤紫色を帯び花弁と同長かやや短い。 茎は中実。 葉裏は無毛か微毛。集合果は大きく、毛が長い
  ミチノクフクジュソウ : 東北・中部・九州  萼片は淡色で花弁の1/2か2/3。茎は中空。葉裏は無毛か微毛。集合果は小さく、毛は短い。
  シコクフクジュソウ : 本州・四国・九州  萼片は赤紫色を帯び花弁と同長かやや短い。 茎はほぼ中空。葉裏は無毛。集合果は小さく、毛は短い。

花調べHomeへ