リュウキュウルリミノキ

リュウキュウルリミノキ ’06.3.4撮影 奄美大島
                                                     ’06.3.4撮影 奄美大島
リュウキュウルリミノキ ’06.3.4撮影 奄美大島
                                          ’06.3.4撮影 奄美大島
リュウキュウルリミノキの花 ’05.3.5撮影 沖縄
                                         ’05.3.5撮影 やんばる(沖縄県)
花と果実が一緒に見られることもあるそうですが、今回は瑠璃色の果実だけでした。
1年前の沖縄は残り花が1つで果実はありませんでした。



リュウキュウルリミノキ(琉球瑠璃実の木) / アカネ科 ルリミノキ属 常緑低木 / 花11〜2月 /種子島以南〜沖縄
  別名:タシロルリミノキ 葉は対生、長楕円形。葉の側脈は40〜60度。苞葉は発達しない。花は白色で長さ7〜8mmの
  高杯形で、5裂し、内面に白い毛がある。萼は浅く5裂し、小型。果実は核果で球形、11〜3月にるり色に熟す。
<よく似たもの>
  ルリミノキ : 葉の側脈が60〜80度で縁近くで急角度に曲がる。
  ケハダルリミノキ : 萼が深く5裂し、萼片は線形で先が尖り、よく目立つ。
  マルバルリミノキ : 葉の先がまるい。

Home