ナンバンギセル



'05.10.22
沖縄県
'09.10.22 / '17.10.20
宇佐市など(大分県)
'03.8.9
樫原湿原(佐賀県)
'02.9.8
平戸市(長崎県)
'02.9.21 / '03.9.27
高隈山(鹿児島県)
'04.9.6
平尾台(福岡県)
'05.8.28 / '14.8.31
阿蘇(熊本県)


ナンバンギセル(南蛮煙管) /ハマウツボ科 ナンバンキセル属 1年生の寄生植物 /7〜9月 / 日本全土 
  別名:オモイグサ(思草) 思草の名で万葉集に詠まれている。「道のべの尾花が下の思草 今さらになどものか思はむ」
  ススキ、ミョウガ、サトウキビなどの根に寄生する。高さ15〜20cm。花は筒状で長さ3〜4cm。先は浅く5裂し、縁は
  なめらか。萼の先端はとがり、下側はほとんど基部まで裂ける。ナンバンギセルの由来は花と草姿が南蛮人(ポルトガル
  人など)がタバコを吸うキセルに似るから。 <よく似たもの> オオナンバンギセル

Homeへ