ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス ’05.9.12撮影 平尾台
                                        ’05.9.12撮影  平尾台(福岡県)



                                                       ’07.09.24撮影 福智山(福岡県)


花被片は斑点が薄かったり、少なかったり、赤っぽかったり。
たまに、ほとんど斑点のないものまであります。
ヤマジノホトトギスGalleryへ

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) / ユリ科 ホトトギス属 多年草 / 8〜10月 / 北海道〜九州
   山の半陰地、沢から離れたところにも生える。高さ30〜60cm。茎に下向きの毛が密生する。
   花は茎の先や葉腋につく。 花被片は水平に開き、紅紫色の斑点がある。

 <似たもの>
 ホトトギス : 花被片は斜上するだけで全開しない。茎には上向きの毛が多い。
 ヤマホトトギス : 花は茎の先端に集まってつき、花被片は反り返る。茎に下向きの毛がある。

花調べHome