シオガマギク

                                                                                ’14.10.17撮影


いつものところで綺麗なシオガマギクたちがお出迎え。



                                                                                 ’05.9.12撮影



                                                                          ’03.10.19撮影


昨年より遅く咲き始めましたが、10月終わりまで数カ所で咲いていました。
なかには上から見るとトモエシオガマにも見えるものもありますが、
花が下のほうにもついているのでシオガマギクだと思います。


平尾台(福岡県)
シオガマギクGalleryへ

                      *APG植物分類体系、これまでの植物分類ではゴマノハグサ科
シオガマギク(塩竃菊) / *ハマウツボ科 シオガマギク属 多年草 / 8〜9月 / 北海道〜九州
  高原草地。和名の塩竃は海水を煮詰めて塩を作るかまどのこと。塩竃を「浜で美しい」ということから
  「葉まで美しい」にかけたもの。高さ30〜60cm。 花冠は紅紫色で長さ2cmほど、2唇に分かれ、
  上唇はくちばし状で、下唇は横に広がって先が浅く3裂している。
花調べHome