ナギナタコウジュ

                                         ’07.10.19撮影


苞の背面をクローズアップ!
縁に短毛があり、背面は完全な無毛ということなんですが、ほんの僅か短毛が生えているものもあります。


                                           ’07.10.19撮影
平尾台(福岡県)
ナギナタコウジュ(薙刀香需) / シソ科 ナギナタコウジュ属  1年草 / 9〜10月 /北海道〜九州
   和名は花穂がそっくり返り、花が片側につく様子をナギナタに喩えたもの。  山地の道端など。
   草丈は30〜60cm、全体に強い香りがする。枝咲きに花穂を出し、淡紅紫色の小さな花を片側につける。
   花冠は長さ5mmの唇形。乾燥させたものは漢方薬になる。 似たものにフトボナギナタコウジュ。

花調べHome