ミゾソバ



数年前は群生してミゾソバのお花畑になっていたのですが、
1/10になっていました。


’07.10.19撮影  平尾台(福岡県)
ミゾソバGalleryへ

ミゾソバ(溝蕎麦)/ タデ科 タデ属 1年草 / 7〜10月 / 北海道〜九州 やや湿ったところに群生
  別名:ウシノヒタイ 別名は葉の形が牛の顔(額)を思わせることによる。
  高さ0.3〜1m、茎には下向きの刺があり、下部は地をはう。葉は互生し、基部は耳状にはりだし、先は鋭くとがる。
  花は枝先に10数個集まってつく。ふつう花被片は上部が紅色で、下部は白色、まれに白花もある。
<よく似たもの>
  アキノウナギツカミ : 葉の基部はやじり形で茎を抱く。
  ママコノシリヌグイ : 葉は三角形で茎はつる状。刺が鋭い。
花調べHome