カナムグラ

   雌花序                                  ’02.10.6撮影

雌花はホップ(セイヨウカラハナソウ)のような形です。
初めは緑色ですが、やがて赤紫色になってきます。
   雌花序                                  ’02.10.6撮影


↑赤紫色になった雌花序はインパクトがありますが、↓雄花序は地味です。

    雄花                                ’04.9.20撮影


雄花序                                   ’04.9.20撮影

平尾台(福岡県)

カナムグラ(鉄葎)/ クワ科 カラハナソウ属 つる性1年草 / 8〜10月/ 日本全土 
  道ばた、荒れ地。 雌雄異株。 葉は対生し掌状に5〜7裂する。
  雄花は淡緑色で、円錐状の大きな花序にまばらにつく。雌花は苞に包まれ、下向きの短い穂状花序につく。
  雌花の苞は初め緑色で濃紫色の斑紋ああるが、果期にはおおきくなり、全体が紫褐色を帯び、先が反り返る
花調べHome