イヌコウジュ

                                            ’05.9.23撮影
                                              ’04.9.20撮影
ヒメジソに似ていますが、
上萼片が尖ることと葉の鋸歯が浅く、数が多いこと(普通3〜13個)で
区別することができます。


平尾台(福岡県)

イヌコウジュ(犬香需) / シソ科 イヌコウジュ属 1年草 / 9〜10月 / 日本全土
  山野の道ばた 高さ20〜60cm。全体に細毛が多い。葉は対生し、卵状披針形または
  長楕円形でふちに浅い鋸歯がある。枝先に花穂をだし、淡紫色の小さな唇形花を多数つける。
  花冠は長さ3〜4mm。萼は上唇先が鋭く尖る。
<似たもの比較>
  ヒメジソ    :葉の鋸歯は片側4〜6個。 上萼片はあまりとがらない。 花の色は淡紅紫色〜白色。
  イヌコウジュ :葉の鋸歯は片側6〜13個。上萼片は細い線形で先は鋭くとがる。花の色は淡紅紫色。

花調べHome