ヒオウギの種子

< ぬば玉 >

果実期               ’01.9.23撮影 平尾台(福岡県)

不気味な果実が裂開すると、黒くて光沢のある種子が出てきます。
これが「ぬま玉」

↓参考までに、花はとっても美人です。

    花期                    ’02.7.20撮影 平尾台(福岡県)

ヒオウギ(桧扇) / アヤメ科 ヒオウギ属 多年草 / 8〜9月 / 本、四、九、沖
  葉が扇状にでるので、その形が檜扇に似ていることからこの名がある。日当たりのよい山地の草原。
  観賞用に栽培される。花茎は高さ0.6〜1m。上部で枝を分け、数個の苞をつけ、なかから2〜3個の
  花を出す。花は直径3〜4cm。橙色で暗赤色の斑点がある。種子は黒くて光沢がある。(ぬば玉)
花調べHome