ハバヤマボクチ

                                        ’14.10.17撮影


                                          ’14.10.17撮影




                                            ’07.10.19撮影
 
草原のノッポはハバヤマボクチさん
ススキと一緒にそよそよと


平尾台(福岡県)
ハバヤマボクチGalleryへ

ハバヤマボクチ(葉場山火口) / キク科 ヤマボクチ属 多年草 / 10月 / 福島以西〜九州 
  日当たりのいい草地。葉場山とは草刈り場のある山のことで、火口(ほくち)は火打ち石で出した火花を移しとるもの。
  高さ1〜2m。全体に白いクモ毛があり、茎は太い。下部の葉は三角形で欠刻状の鋸歯があり、基部はほこ状に張り出す。
  上部の葉は卵形。頭花は直径4〜5cmで、枝先に下向きにつく。総苞片は細く先は尖り、開出する。

<よく似たもの>
 オヤマボクチ:葉は肩がまるい三角状卵形で基部が心形。北、青森〜岐阜、四国に分布。
 キクバヤマボクチ:葉が手のひら状に羽裂する。西日本に多い。
 ヤマボクチ:全体に小ぶり。総苞片は細く針状になる。西日本に多い。
花調べHome