シオデ


                                                                     ’04.7.25撮影



雄花                                                             ’04.7.25撮影

タチシオデより2ヶ月くらい遅く花が咲きます。


平尾台(福岡県)

*APG分類体系、従来の分類ではユリ科
シオデ(牛尾菜) / *サルトリイバラ(シオデ)科 サルトリイバラ(シオデ)属 多年草 / 7〜8月 / 北海道〜九州
  長さ2〜3mのつる状になり、茎は他の物に寄りかかって伸びる。葉は互生し、葉身は卵状楕円形で長さ5〜15cm、
  5〜7脈がある。基部は円心形、質は厚く光沢があり、裏面は緑色。葉柄は1〜2cm。花は葉腋から散状花序を出し、
  淡黄緑色の花を多数つける。花被片が反り返る。雌雄異株。果実(液果)は球形で径約1cmで黒熟する。
花調べHome