ヤマハタザオ

                                      ’02.5.19撮影
旗竿という名は、草状から付けられた名前のようです。
山に生えるので、山旗竿、浜に生える浜旗竿
みんな細い細い竿なのに、折れもせず、真っ直ぐ立っているのが不思議です。

平尾台(福岡県)

ヤマハタザオ(山旗竿) / アブラナ科 ヤマハタザオ属 多年草 / 5〜7月 / 北、本、四、九
 山地の草原、林の縁 高さ30〜80cm。根生葉はロゼット状、茎葉は茎を抱き、波状の鋸歯がある。
 茎頂に総状花序をだす。角果は果軸に平行につき、長さ2〜6cm。
花調べHome