オカトラノオ

                      ’01.6.16 平尾台 (福岡県)

湿原のヌマトラノオは尾っぽを立てていますが、丘に咲くオカトラノオは尾っぽをなびかせています
オカトラノオのほうが葉の幅が広いです。



                                                             ’01.6.16 平尾台 (福岡県)

雄しべの花糸に毛が生えています。
オカトラノオGalleryへ

オカトラノオ(岡虎の尾)/ サクラソウ科 オカトラノオ属 多年草 / 6〜7月 / 北海道〜九州
  花序を虎の尾に見立てたもの。高さ0.6〜1m。葉は互生し、長楕円形。茎の先に長さ10〜30cmの
  総状花序をだし、白い小さな花を多数つける。花冠は直径約1cmで深く5裂する
花調べHome