ムラサキ


                                          ’17.5.26撮影




                                          ’17.5.26撮影




                                       ’17.5.26撮影




                                     ’08.6.1撮影



ムラサキ ’05.5.30撮影 平尾台
                                                        ’05.5.30撮影



ムラサキ ’03.6.1撮影 平尾台
                                                      ’03.6.1撮影


根が紫色の染料に使われていたムラサキですが、
今では絶滅寸前になっています。

平尾台(福岡県)
ムラサキ(紫) / ムラサキ科 ムラサキ属 多年草 / 6〜7月 / 北、本、四、九 
  山地、丘陵の草地。草丈30〜70cm。根は太く、シコニンという色素を含み、乾くと濃紫色になる。全体に粗い毛が多い。
  葉は互生し、披針形で長さ3〜7cm、粗い毛が多く、脈が表面にへこむ。花は直径8mm程度 白色で喉部は黄色を帯びる。

Home