ヒメフウロ


                                                         ’08.6.1撮影




                                ’08.6.1撮影



                                                               ’08.6.1撮影


年々増えて、路肩をピンクに染めています。
繁殖力の強さに驚かされます。

数年後、排除されたのか姿を消していました。





                                                         ’03.6.1撮影

車の中から、フウロらしき花を発見!
なぜ、こんなところに?!

3年前、伊吹山で僅かに残ったヒメフウロを見たのですが、
同じもののようです。
園芸品が逸出したものかもしれませんね。


平尾台(福岡県)
ヒメフウロGalleryへ

ヒメフウロ(姫姫風露) / フウロソウ科 フウロソウ属 越年草 / 5〜8月 / 本(中部)、四(剣山)
  別名シオヤキソウ 塩を焼いたような臭気がある。石灰岩地に生える。高さ20〜60cm。全体に開出毛が
  ありねばる。葉は薄く3全裂し、小葉はさらに深裂する。花は淡紅色で直径約1.5cm。萼片に腺毛がある。 

Homeへ