シハイスミレ

シハイスミレ '06.4.23撮影 平尾台
                                                               '06.4.23撮影


福岡の里山はシハイスミレが多いのですが、
平尾台はそれほど多くありません。

シハイスミレ(紫背菫)  / スミレ科 ミヤマスミレ類 / 3下〜5月上 / 本、四、九
  落葉樹林、崩壊斜面など、水はけのよいところ。西日本はシハイスミレが多く、東日本はマキノスミレが多い。
  葉脈に沿って白い斑がはいるものをフイリシハイスミレ、葉の表面が暗紫色のものをハグロシハイスミレという。
  葉は 長卵形〜披針形で光沢のある濃緑色〜暗緑色、光沢のないものもある。ふつう葉裏は紫色を帯びる。
  花は直径1.5cm前後。淡紅紫色〜濃紅紫色。側弁の基部は無毛。 
花調べHome