オオイヌノフグリ

                                          ’06.3.17撮影



                                                                       ’11.4.7撮影

イヌノフグリの果実より平たいですね!



                                         ’11.4.7撮影

リュウキュウコザクラとツーショット

平尾台(福岡県)

                                                *従来の分類ではゴマノハグサ科
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) / *オオバコ科 クワガタソウ属 2年草/ 3〜5月 / ユーラシア、アフリカ原産
   明治時代に入り、全国的に広がっている。直径8mmほどのルリ色の花をつける。

   <似たもの>
    タチイヌノフグリ : 直立。花は3〜4mmとごく小さく青紫色。
    イヌノフグリ : 花は淡い赤紫色。在来種だが現在では少ない。
    フラサバソウ : 花は淡い青色で荒い毛が多い

花調べHome