キビノクロウメモドキ

キビノクロウメモドキ ’05.4.23撮影 平尾台
キビノクロウメモドキ ’05.4.23撮影 平尾台


今までこの時期に出かけてなかったので、キビノクロウメモドキの存在に気がつきませんでした。
石灰岩地のみに見られる植物で、細い枝が紫褐色になるのが特徴のようです。


’05.4.23撮影 平尾台(福岡県)

キビノクロウメモドキ(吉備の黒梅擬) /クロウメモドキ科 クロウメモドキ属 落葉小高木 /花期5月 /中国地方、四、九
  枝先が紫褐色で葉がやや大きく、萼片が長さ3mm以上ある。

<参考>
 クロウメモドキ(黒梅擬) / クロウメモドキ科 クロウメモドキ属 落葉低木 / 花期5月 / 本(関東以西)、四、九
   葉はふつう対生。葉身は倒卵形〜倒披針形。雌雄別株。葉腋や短枝に直径約4mmの黄緑色の花が束生する。花弁と
   萼片は4個。果実は核果、10月頃黒色に熟す。
花調べHome