ヒメオドリコソウ

                                       ’01.3.24撮影



                                                                ’01.3.24撮影



                                    ’04.4.10撮影



                                                               ’04.4.10撮影
日当たりの良い畑のそばはヒメオドリコソウの楽園です。
オオイヌノフグリとは仲良く共存しています。


平尾台(福岡県)
ヒメオドリコソウGalleryへ

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) / シソ科 オドリコソウ属 2年草 / 4〜5月 / ヨーロッパ原産の帰化植物
  繁殖力が強く畑や道端に群生。草丈10〜25cm。茎は四角形で直立する。葉は対生し、上部の葉は卵円形で、長さ幅とも
  1.5〜3cm。縁には鈍い鋸歯があり、赤みを帯びることが多く、接近してつく。下部の葉は心円形で、長い柄がある。花は
  上部の葉腋に密集して唇形花をつける。花冠は淡紅色で、長さ約1cm。外面には毛がある。
  花が白い品種をシロバナヒメオドリコソウという。

花調べHome