フラサバソウ

                                                                         ’11.4.7撮影

以前、イヌノフグリの群生していた場所も、フラサバソウに占領されてしまいました。
果実はほぼ球形、イヌノフグリに似てますが、種子は1〜3個とアバウトです。
平尾台(福岡県)
フラサバソウ / ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 2年草 / 4〜5月 / ユーラシア原産の帰化植物
  畑や道ばた。フランスの植物学者Franchetと Savatieの日本植物目録に長崎で採集された記録があり、
  二人の名前から命名された。茎は下部で枝分かれし、横に広がりやすい。全体に白い軟毛が多い。
  葉腋に短い柄をだして5mmくらいの淡青紫色の花を1個つける。花冠は萼とほぼ同長。茎の基部に
  花のころまで子葉が残る。
花調べHome