フモトスミレ

                                                               ’04.4.10撮影



                                                      ’04.4.10撮影
少数派ですが、フモトスミレも咲きます。
花の大きさは1cmほどで、草丈4cm、草原に咲くフモトスミレは草丈が低いです。
平尾台(福岡県)
フモトスミレ(麓菫) / スミレ科 スミレ属 多年草 / 3月下旬〜5月中旬 / 本州(岩手県以南)〜九州
  海岸近くの山地から2000m付近の高原の草地、林縁、林下。草丈3〜6cm。葉はやや水平に広がり、卵形〜円形と
  変化が大きく長さ1〜3cm。表面は暗緑色で光沢がなく、裏面は紫色を帯びる。鋸歯は普通低くて細かい。花は
  直径0.7〜1cmと小さく、花弁は白色で唇弁に紫色の筋が入る。中には各花弁に紫色の筋が入り全体が紅紫色に
  見える花もある。側花弁の基部は短毛が密生する。品種に、葉の葉脈に沿って斑の入るものは、フイリフモトスミレ、
  花弁に紫条のないものは、シラユキスミレ(シラユキフモトスミレ)がある。

花調べHome